2021年2月 5日 (金)

Design&Printで作ったラベルを新アプリにコピーする方法

Design&Printの「つくったラベル」に保存されているラベルを、Design&Print 2にコピーすることができます。「つくったラベル」画面右上のメニューから「P-touch Design&Print 2へ移行」を選択してください。

3


※Design&PrintとDesign&Print 2は描画形式が異なるため、Design&Printで作成したラベルをDesign&Print 2に移行させると一部、位置がズレたりなどレイアウトに変化が生じる場合がありますので、Design&Print 2でご確認頂きますようお願いいたします。
尚、移行を実施してもDesign&Printから保存したラベルが無くなるわけではありません。

2021年1月 8日 (金)

【連載:医療職場環境改善】第4回 歯科医院様取り組み事例

医療現場における整理整頓の実践的なノウハウを、職場環境デザインコンサルタントの杉田さんに教えていただきます。最終回の今回は、歯科医院様の取り組み事例についての内容をご紹介します。

第2回でご紹介した「職場環境整備の簡単ステップ」を使って実際に職場環境整備に取り組まれたクレモト歯科なんば診療所様の取り組み事例です。
事務周り
小さい事務所がすっきり効率的に。すぐに仕事に取りかかれるようになりました!

Sugita_4_1



Sugita_4_2



技工室
困った1:物を移動したり、またいだりしないと必要な物が取り出せない
困った2:担当者しか収納場所がわからない
困った3:いつのまにか隙間に勝手に物が置かれる
ずっと困っていたことが短期間で解決しました!

Sugita_4_3



Sugita_4_4



カルテ室
受付横のカルテ室を整理。カルテ棚と商品在庫棚の位置を変更しただけで移動の無駄と空間の無駄が解消。空間のリセットだけで物を捨てなくても片付くことにびっくり!

Sugita_4_5



Sugita_4_6


カルテワゴン
カルテワゴンに必要な数の仕切りを入れて、わかりやすく整理。患者様を待たせる時間を削減。しっかり分けてラベリングしたことで、他のスタッフに「どこにある?」と聞かれることがなくなりました。

Sugita_4_7



Sugita_4_8


【クレモト歯科なんば診療所 院長 呉本勝隆先生のお話】

Sugita_4_9



 現在、医療業界は人手不足が課題になっています。その中で、一人一人の生産性をあげていくというのが大きなテーマ。その一歩として、片付けを仕組みとして取り入れ、人が物を探す時間の短縮を図っています。職場環境を整え、業務を効率化することで生産性が上がると、その分を未来のために投資していくことができるのです。
 例えば、設備投資をして患者様へより質の高い治療の提供や、スタッフに対して福利厚生や給与面で還元し、良い労働条件と環境を提供することが可能になります。
 さらに、全国で約7万件※という競合がひしめきあう中で、歯科業界ではデジタル化の波が押し寄せています。このような課題にいち早く対応し、実現できた歯科医院が患者様にもスタッフにも選ばれる医院になると思っています。また、医院の内装などの細かいところにラベリングによる整理整頓を行うことで、院内に清潔感が生まれ、顧客満足度にも影響してきます。当院を選んでくださった患者様、スタッフへ安心と安全を提供するために、間接的ではありますが整理整頓は大きな影響力を持つと考えています。

※厚生労働省医療施設動態調査 歯科診療所数68,404施設(令和元年12月末概数)

【クレモト歯科なんば診療所 スタッフさんの声】

Sugita_4_10



幸せ収納デザインの職場環境デザインを取り入れ、出す・分ける・選ぶ・しまうの4ステップを経てから、物の位置を決めブラザーのピータッチを利用し、すべての物の場所を住所のようにラベリングしました。歯科医院はものが多いので、これまではどうしてもさがすという時間が発生していましたが、ラベリングにより入れ間違いや、新人に場所を聞かれるという時間がぐっと減りました。スマートフォンやタブレットからの操作ができるので、誰でもすぐにラベルをつくることができます。物が増えた時、場所を移動させた時など、すぐに利用しやすい環境を維持しています。ラベリングで、だれでも探しやすく新人が即戦力になりました。

【この記事を書いた人】

Sugita_00_portrait

幸せ収納デザイン株式会社 代表取締役
一般社団法人日本収納デザイン協会 代表理事
職場環境デザインコンサルタント 杉田明子

国際航空貨物ビルドアッププランナーとして10年以上のキャリアを持つ。航空機の狭い空間をコントロールすることで身につけた空間認識力を職場・家庭にも応用。独自の収納理論に見た目の美しさだけでなく、機能的で効率的な「幸せ収納®デザイン」を考案。正確性とスピードが求められる医療現場を中心に高い評価を受け、法人や個人に収納カウンセリングや整理サービスを提供している。
幸せ収納デザイン株式会社 ■Webページはこちらから!

4回にわたる「医療職場環境改善」は、いかがでしたでしょうか?皆さまの快適な医院づくりにお役に立ちましたら幸いです。

2020年12月25日 (金)

【連載:医療職場環境改善】第3回 ラベリングでの仕上げと活用術

医療現場におけるの整理整頓の実践的なノウハウを、職場環境デザインコンサルタントの杉田さんに教えていただきます。第3回の今回は、ラベリングでの仕上げと活用術についての内容をご紹介します。

使いたい物を、使いたい時に、使いたい状態に収納できたら、仕上げはラベリングです。ラベリングのコツを覚えて、二度とリバウンドしない職場環境を完成させましょう。

03_

Labeling Point 1
1. 同じ収納用品、収納場所に貼るときはテープの長さを揃えましょう
2. 横書きは左寄せか均等割り付けが基本です
3. ひと文字目のスタート位置を揃えて貼るとキレイ
4. 囲み枠でカテゴリーごとのまとまりを標示します

Sugita_09_2


Labeling Point 2
収納家具や収納用品に合わせてテープ色を選ぶ

Sugita_3_3


Sugita_3_4


Labeling Point 3
濃い色の家具や棚には透明ラベルがおすすめ

Sugita_3_6


Sugita_3_10


Topic その他の活用法

04_topics_2


「一度きれいになっても、すぐにリバウンドしてしまう・・・」このような悩みも多いと思います。片付けても片付けても散らかる問題を、ラベリングで解消できます。
ピータッチのテープは、医療現場に求められる特長を有しているので、おススメです。

05_

【この記事を書いた人】

Sugita_00_portrait

幸せ収納デザイン株式会社 代表取締役
一般社団法人日本収納デザイン協会 代表理事
職場環境デザインコンサルタント 杉田明子

国際航空貨物ビルドアッププランナーとして10年以上のキャリアを持つ。航空機の狭い空間をコントロールすることで身につけた空間認識力を職場・家庭にも応用。独自の収納理論に見た目の美しさだけでなく、機能的で効率的な「幸せ収納®デザイン」を考案。正確性とスピードが求められる医療現場を中心に高い評価を受け、法人や個人に収納カウンセリングや整理サービスを提供している。
幸せ収納デザイン株式会社 ■Webページはこちらから!

次回は実際に取り組まれた歯科医院様の例をご紹介します。お楽しみに!

2020年12月11日 (金)

【連載:医療職場環境改善】第2回 職場環境整備の簡単ステップ

医療現場におけるの整理整頓の実践的なノウハウを、職場環境デザインコンサルタントの杉田さんに教えていただきます。第2回目の今回は、職場環境整備の簡単ステップについての内容をご紹介します。

職場環境を整え、無駄をなくし、働いやすい生産性の高い職場を実現するための、整備のコツを実践しましょう!

Step 01 出す
すべてのものを収納から出します。物だけでなく空間をリセットすることが成功のポイントです。そのために思い切ってすべての物を出し切りましょう!時間や人員の確保が難しいときは、ひとつの引き出しや棚、もしくはカルテや文具など物のまとまりごとにはじめてみましょう。

Sugita_03

Step 02 分ける
出した物をカテゴリーごとに分けます。曖昧さを残すことなく分け切ることがポイントです。曖昧に分けたところからリバウンドしてきます。わからない物は、わからない物のカテゴリーで分けましょう。
★出す・分けるのステップは感情を入れずに取り組みましょう!捨てる物のことを考えると作業が滞ります。

Sugita_04

Step 03 選ぶ
分けた物の中から診療に必要な物だけを選びます。年1回しか使わない物でも必要な物です。選ばれずに残った物をどうするかの判断は責任者がします。院の物は院の資産なので勝手に処分しないようにしましょう。
★使わない物を診療エリアに戻すことはNGです。しっかり選び切りましょう。

Sugita_05

Step 04 しまう
使いたい物を、使いたい時に、使いたい状態で収納します。使用頻度の高い物から順番に空間を割り当てていきます。作業終了後は、いったん仮ラベルを貼りましょう。
★使いにくければ収納方法、収納場所を適時変えていく柔軟性を持ちましょう。

Sugita_06_b


Sugita_1_5_a

【この記事を書いた人】

Sugita_00_portrait

幸せ収納デザイン株式会社 代表取締役
一般社団法人日本収納デザイン協会 代表理事
職場環境デザインコンサルタント 杉田明子

国際航空貨物ビルドアッププランナーとして10年以上のキャリアを持つ。航空機の狭い空間をコントロールすることで身につけた空間認識力を職場・家庭にも応用。独自の収納理論に見た目の美しさだけでなく、機能的で効率的な「幸せ収納®デザイン」を考案。正確性とスピードが求められる医療現場を中心に高い評価を受け、法人や個人に収納カウンセリングや整理サービスを提供している。
幸せ収納デザイン株式会社 ■Webページはこちらから!

2020年11月27日 (金)

【連載:医療職場環境改善】第1回 整理整頓の必要性

医療現場におけるの整理整頓の実践的なノウハウを、職場環境デザインコンサルタントの杉田さんに教えていただきます。第1回目の今回は、医療機関における整理整頓の必要性について、教えていただいた内容をご紹介します。

●仕事中、生産性のない「探す」という行為に何時間使っていますか?

01__2

パソコンのデータがない・記入したメモがない・蛍光ペンがない・治療器具がない・人がいない。仕事中にどれくらいの時間、探し物をしているでしょう?ネットでの調べ物も探し物のうちと考えると、1日ひとりあたり平均2時間程度の探し物をしていると言われます。8時間勤務のうちの2時間、勤務中の25%が探し物とは恐ろしい。その2時間にも給与は発生していますし、働く側も仕事が遅れる、仕事が終わらないとストレスが発生しています。
この数字は大げさなようですが、私が現場でよく見る風景は、ひとつのものを探すのに周りを巻き込んで複数人で探し始めるという無駄。この無駄は想像を絶する破壊力を持っていて、仕事に集中していた人の思考を止め、手を止め、時間を奪います。人はいったん集中が切れると再び集中するには20分を要すると言われているので、探し物に巻き込まれた時間+再び仕事に集中する時間と考えれば、1日2時間以上の無駄が隠れていることも考えられます。

●医療機関の1分の重み
医療機関での診療は【準備+診察+片付け】が、ワンセットで回転しています。医療現場の生産性を上げるためには、まずこの準備、片付けを効率的に行う環境づくりが重要です。
歯科医院1施設あたりの平均患者数は1日25人※とされています。もし診療以外の1分を毎回減らすことができれば、1日25分のゆとりが生まれます。診られる患者数が増えるとも考えられますし、できたゆとりの時間でしっかり診察に当たれるとも考えられます。1分の無駄の中にはさまざまな可能性が隠されています。乱れた職場のなかには1分のロスは必ず隠れています。何より探し物のために支払っている無駄な人件費がなくなります。

02__2

※上記は厚生労働省が発表している医療費動向の統計(平成27年~29年平均値)

【この記事を書いた人】

Sugita_00_portrait

幸せ収納デザイン株式会社 代表取締役
一般社団法人日本収納デザイン協会 代表理事
職場環境デザインコンサルタント 杉田明子

国際航空貨物ビルドアッププランナーとして10年以上のキャリアを持つ。航空機の狭い空間をコントロールすることで身につけた空間認識力を職場・家庭にも応用。独自の収納理論に見た目の美しさだけでなく、機能的で効率的な「幸せ収納®デザイン」を考案。正確性とスピードが求められる医療現場を中心に高い評価を受け、法人や個人に収納カウンセリングや整理サービスを提供している。
幸せ収納デザイン株式会社 ■Webページはこちらから!

次回は職場環境整備の簡単ステップについてご紹介します。お楽しみに!