【連載:子どもの年齢別整理収納】第1回 2~3歳向け整理収納「ラベリングで子育てをもっと楽しもう」

整理収納にピータッチキューブをお使いいただいているユーザーさんも多くいらっしゃいます。奥の深い整理収納の世界で、片づけを通じて親と子の人間力を磨くことを理念とされている「親・子の片づけ教育研究所」のインストラクターの皆様にお話を伺いました。第1回はハギヤマジュンコさんによる、2~3歳向けの整理収納「ラベリングで子育てをもっと楽しもう」についてのお話をご紹介します。

2~3歳くらいの子どもにとって、お片づけとはなんでしょう?
ママとして、子どもが自分で使ったもの・遊んだものを自分でお片づけする!という意識を「遊び」の延長として、「片づけイコール面倒くさいもの」ではなく、楽しいもの!気持ちのいいもの!と覚えてもらえるのが理想的です。


ですが2~3歳というと、個人差はありますがママの言うことを素直に聞ける年齢から少しずつ成長をとげ、自我が芽生え始める年齢で、俗にいう「イヤイヤ期」に差し掛かり関わり方も難しく悩みが増える頃でもあります。


まだまだ子どもに身の回りのことも、お片づけについても100%お任せにはできないこの年齢。ママのフォローは必要です。


そこで、2~3歳の子ども向けの整理収納の目標は、「定位置を覚え、親のサポートつきで片づけられる仕組みをつくること」となります。


子どもの物でちらかる物と言えば、まずおもちゃが浮かびますね。
子どものおもちゃ収納は、一緒にラベリングして興味を持ってもらうことから始めましょう。自分でイラストや写真を選ぶ作業や、ラベリングシールを一緒に貼る!ことがお片づけにとても効果的です。多少貼り方が上手でなくても、まずはお子さんのやる気を大事にしましょう。


190201_1

190201_2

ケースの外側だけでなく、ケースの中やケース自体を片づける棚などの部分にもラベリングすると遊びにやってきたママ友やお友達にも分かりやすくておススメ。(逆の立場になった時にお片づけしやすいお家だとまた遊びに伺いたくなりませんか?)


さらに、3歳にもなると文字にもどんどん興味を持ち始める時期です。イラストや写真の下にはわかりやすい大き目のひらがなで名前を書いてあげるといいですね。


ピータッチキューブの機能で子どもにおススメなのがフレームです。好きなフレームを選ばせてあげると喜びますよ。


190201_3

着替えもどんどん自分でやりたくなる年頃です。わかりやすくケースや引き出しに洋服のアイテムのラベリングを貼りつけることで子どもの「自分でやりたい!」の気持ちを伸ばしてあげるとママも少し楽になると思います。できればラベリングは一緒にしましょう。ブラザーさんのテープは裏の剝離紙に切れ目が入っているので小さな子どもでも簡単にシールの貼り付けができますよ。


190201_4

片づけのポイントは、ママ目線ではなく、子どもにとって片づけやすい場所になっているか?という目線で場所を見直すことです。できれば子どもがいつも遊んでいる、いつもお着替えする場所の近くがベスト!ラベリングも子ども目線で作ってみてくださいね。ピータッチキューブにはぴったりのイラストがたくさん内蔵されているのでシールの大好きな年齢の子どもにはラベリングも遊びの延長で楽しめそうですね。


190201_5

190201_6

声掛けも、ただ単に「片づけて~!」ではなく「お家に帰してあげようね~この間お名前一緒に貼ったよね~」なんて言ってあげると子どもも目をキラキラさせると思いますよ。


どんなときも大切なのが「できたこと」「やろうとしたこと」をたくさんほめてあげることをお忘れのないように!


ラベリングを取り入れることで家事や育児を家族と共有しやすくなるので効率化にもつながります。パパにも家事や育児に参加してもらうきっかけにもなりますね。
そして、効率化でできた余裕はスキンシップや子どもと向き合う時間に当ててもらえたらなぁと思います。


【この記事を書いた人】
親・子の片づけマスターインストラクター
一級建築士
ハギヤマジュンコ

190201_7

ワーママ向けの片づけレッスンや、
建築士の経験を生かした「おうち作りカウンセラー」としての間取り相談も。
SNSではズボラでもできるお片づけやひとり娘との関わり方を発信中。

https://cocoti-yoi-kurashi.com
https://www.instagram.com/_cocoti_/


次回は4~6歳向けの整理収納について、ご紹介します。お楽しみに!