« 【連載:整理収納アドバイザー 小林さん】 第4回 こんなところでもラベルが活躍 | メイン | 【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第1回 整理収納を習慣化するコツ »

2017年5月10日 (水)

【連載:整理収納アドバイザー 小林さん】 第5回 飾って使えるピータッチ キューブ

整理収納に悩む方々の強い味方、整理収納アドバイザーの小林 尚子さんにお話しを伺い、全5回にわたって紹介しています。

20170602_02_2

今回は、小林さんにP-TOUCH CUBEの活用法について伺いました。

小林さん:
ラベルライターというと、普段は引き出しの中などに入れておいて使用する時だけ出すというイメージですが、ピータッチ キューブはデザインもいいので、しまわずに飾りながら使いたいですね。

リビングにも合いますし、

20170510_02

キッチンのカウンターに置いても自然です。

20170510_03

取り出す手間がなくなるので、ラべリングする機会が今以上に増えそうです。

スマホさえあればラベルのデザインができるので、電車の中やちょっとした待ち時間などにラベルをデザインして、家に帰ってから印刷するという使いかたができるのもいいですね。

20170510_04

名前付けなどで何回も同じ内容のラベルを作ることがあるので、デザインしたラベルを保存して後からまた使えるのも便利です。

忙しいから効率よく生活するために整理収納やラべリングをするという方にとって、短い時間でもスマホで簡単にラベルが作れるピータッチ キューブは、ぴったりのラベルライターだと思います。

―――小林さん、ありがとうございました。
全5回にわたって紹介してきました、小林さんへのインタビューは今回で終了となります。