« 【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第1回 整理収納を習慣化するコツ | メイン | 【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第3回 ラベルライターで始める整理収納のコツ »

2017年6月 7日 (水)

【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第2回 活用術に込めた想い


整理収納で暮らしの質を高めたい方に向けて、整理収納アドバイザーの小川 奈々さんにお話しを伺い、全4回にわたって紹介しています。

今回は、小川さんにご監修いただいた活用術について伺いました。

20170607_1jpg


小川さん:
書類整理の活用術に関しては、「暮らしの中に美しさを。戻すときの気持ちよさを。日々の生活に秩序を作る。出したらしまうが楽しくなる。」そんなコンセプトで監修しました。ラベルで見出しを付けておくだけで、迷子にならず、あるべきところにスッと気持ちよく戻すことができ、暮らしの質がワンランクupします。一度溜めてしまうと過去を振り返って整理することに時間をかけなければなりません。過去ではなく、「今と未来」の時間を大切に使えるように願っています。

20170607_2jpg_2


20170607_3jpg_2


20170607_4jpg



整理収納に関しては、「言葉よりも文字で伝える。余計な質問やストレス・争いから開放されてほしい。」そんな想いで携わらせていただきました。ゴミの分別は家族・来客でもわかるようにする必要があると考え、絵文字を使いました。絵文字を使ったラベルは、子育て中のママさんには特におススメです。幼い頃から、モノの指定席を意識した子育てを心掛けることで、片付け上手なお子さんになると思うからです。

20170607_5jpg



―小川さん、ありがとうございました。
次回は小川さんにラベルライターで始める整理収納のコツについてお伺いします。