« 【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第3回 ラベルライターで始める整理収納のコツ | メイン | 整理収納アドバイザー サチさんのラベル活用法を公開しました! »

2017年7月 6日 (木)

【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第4回 P-TOUCH CUBEの気に入っているところ

整理収納で暮らしの質を高めたい方に向けて、整理収納アドバイザーの小川 奈々さんにお話しを伺い、全4回にわたって紹介しています。

今回は小川さんにP-TOUCH CUBEの気に入っているところについて伺いました。

小川さん:
飾り棚にも馴染む奥行き感と、キーが一切表に出ないインテリア性の高さに感激しました。これならオープン収納の一部として思わず飾りたくなりますし、取り出しやすい方法で身近に置いておくことができると確信しました。「ラベルを作る=本体を取りに行く」 ラベルを作ろうと思ったときに最初に面倒に感じるこの行動が不要になることに衝撃が走りました。

Ogawa_04_01

また、筆記用具以上に身近にある「スマホ」で作成して出力できるなんて画期的! 操作の慣れたスマホで、好きなフォントで、好きな色で、しかも豊富なテンプレートで、プロのようなラベルを作れるなんて、本当に感動しました。私にとってラベルを作るということは、頻度が高く日常的なことなので、魅力を感じましたね。

Ogawa_04_02

整理収納アドバイザーの必需品として、今までもラベルライターを使ってきましたが、行動を合理化する整理収納という行為に使う道具として、数々の非合理的な行為を解消してくれたことが最大の魅力だと思います。

―小川さん、本当にありがとうございました。
全4回にわたって紹介してきました、小川さんへのインタビューは今回で終了となります。