« 【連載:文具王との座談会 シェアラベル編】 第3回 文具王的シェアラベル活用法 | メイン | 【P-TOUCH CUBE 便利ワザ紹介】 第4回 P-TOUCH CUBE 画像の入れ方のコツ »

2018年6月23日 (土)

【連載:文具王との座談会 シェアラベル編】 第4回 シェアラベルの新たな可能性

「PT-P300BT」を愛用し、「PT-P710BT」の開発にも携わっている文具王・高畑正幸さん(以下、文具王)と、ピータッチキューブの商品開発メンバー(以下、メンバー)との座談会。全4回にわたってお送りしており、今回が最終回です。

【文具王】今回、データの在処が自分のスマホではなくて、外に出せたというのが絶対に大きくて、これがなかったら全然違ったものになってしまったと思います。
QRコードを使ったとことをいろんなかたちで提案していって、「それを使うんだったらブラザー」というかたちにしていきたいですね。
【メンバー】学術的なところとか、「こういうところに使えます」という提案は、「デザプリ(Design & Print)」でやっていけると思うんですが、ただ先ほどおっしゃっていたように、一般ユーザーとの区分けが、キモになってくるのかなという気がしています。
【文具王】それは、「for pro」みたいなスイッチが下にあって、カチッとやったらその機能が出てくるというのでいいと思うんですが。とにかく、QRコードを印刷できるだけじゃなくて、連携できるのが強みですからね。
【メンバー】今の世の中は、QRコードとスマホの中身の相性がよいので。電話帳もすぐに引っ張れますし、地図もすぐにセットできますし。
【文具王】地図をセットできるなんて、今までだったら全然難しかったことだけど、それをアプリで簡単にできるのは大きいと思うんですね。
こういうテクノロジーは、本来想定していないところですごい使われてしまうということがあるじゃないですか。エジソンは、蓄音機が音楽を聴くための道具だとは思っていなかったわけですから。気がつくと違うシーンで使われるようになるので、そのための柔軟性をもっと出せればいいと思います。
もうスペックの問題じゃなくなっているんですよね。全てにおいてそうです。本体のデザインもアプリもそうだし、全てにおいてテープをはき出す道具が、スペックの時代じゃなくなっているというのをはっきりと言っているんですよね。だからこそ、そっちに攻めてほしいですね。

Template_jpn_share0000001_detailpho


【メンバー】このアプリケーションは、まだまだ実現したいアイデアがいっぱいあります。今回のシェアラベルなんかも、開発発信のチャレンジをいっぱい盛り込んでいる機能ですから、ぜひ市場に響いたらいいなと思っています。
今までだと、トップダウンで「これを作って」というプロジェクトが多かったんですよ。ピータッチキューブの場合は、新しい機能もみんなで考えて、みんなで構築していこうというプロジェクトなので、いろんな部門と一緒に作り上げたから強いですよ。

【文具王】それぞれいいところがあるけど、実はまだ完成じゃなくて、これからもっとよくなっていくよという製品なんですね。ユーザーに使ってもらって、要望が出てくると、また変わっていく可能性もあるでしょうし。実は、ブラザーの人も気が付いていないシェアラベルの使い方もあるでしょうね。
【メンバー】あると思います。今はユーザーの皆さんがネット上で情報発信してくださるので、目を皿のようにしてシェアラベルの実際の使い方を確認しています。写真などを織り交ぜながらぜひ詳細に記述していただきたいですね。感謝しつつ、参考にさせていただきます(笑)
【文具王】いろんな人が使うことで、いろんな使い方が見えてくると思います。ネット経由でバージョンアップができるので、そこは期待したいし、僕も色々と言っていきますので、頑張りましょう(笑)。

Pc054151