« スマホ接続対応のカラーラベルプリンターVC-500W新登場! | メイン | P-touch Cubeは贈り物にも最適 »

2018年8月 4日 (土)

【P-TOUCH CUBE 便利ワザ紹介】第5回 フォントサイズを大きくする方法

Photo_6

知っていると役立つピータッチキューブの便利ワザを紹介します。第5回目となる今回は、フォントサイズを最大にする方法についてお伝えしようと思います。

ラベルを作成する際に、フォントのサイズを大きくしたくてもできないと思ったことはありませんか?実はこれ、フォントのサイズを変更する前にある設定をすることで解決できるのです。

★フォントを大きくする便利ワザ
フォントを大きくする方法はオリジナルラベルとテンプレートで異なります。
まず、オリジナルラベルでのフォントを最大にする方法からご紹介します。
下の写真のように、フォントサイズを大きくしようとしても、「これ以上拡大できません」という表示が出てくることがあります。

Photo_7


この場合、テープの長さが設定されている可能性があります。
テープの長さが固定されているため、フォントサイズを大きくすると文字がはみ出す!という理由で、フォントサイズが大きくできないのです。
テープの長さの「数値で指定する」をオフにしてみてください。


3



       
このようにすることで、フォントのサイズに合わせて、自動でテープの長さが変わるようになり、自分の好きなサイズにすることができます。

5_2

次にテンプレートから作成する際に、フォントサイズを最大にする方法をご紹介します。
まずテンプレートを選ぶと、下の写真のように推奨されたラベルの長さ、フォントサイズのプレビューが表示されます。

5



この状態でフォントサイズを大きくしようとしても推奨サイズよりも大きくなってしまうため、フォントは大きくなりません。

7_2


フォントを大きくするためには、「数値で指定する」をオンにし、初期設定の自動の長さよりも長くします。(例では100mmにしました。)

7




             

そうすることで、フォントサイズを最大にまですることができます。

11


あとは、テープの長さを変更することで、お好きなフォントサイズとのバランスを調節してください。(例ではテープの長さ65mmでフォントサイズ22ptのラベルの完成)

9


    


テンプレートから作成する場合は、あらかじめ決められた文字枠の中に文字を入力することになるので、自由に文字を入力できるオリジナルラベルに比べてフォントサイズに制限があります。

ラベルの長さとフォントサイズのどちらを優先にするかによって、様々なラベルが出来上がります。
是非皆様の好みに合ったラベルを作成くださいませ。


次回も役立つ便利ワザを紹介していきますので、お楽しみに!