« 【連載:子どもの年齢別整理収納】第2回  4~6歳向け整理収納「自分の支度や片付けが自分でできるようになること」 | メイン | 【連載:子どもの年齢別整理収納】第4回  小学校3・4年生向け整理収納「何かと忙しい小学校3~4年生も、毎日片づけられる仕組み!」 »

2019年2月23日 (土)

【連載:子どもの年齢別整理収納】第3回  小学校1・2年生向け整理収納「整理収納で小学校生活の基礎をつくる」

整理収納にピータッチキューブをお使いいただいているユーザーさんも多くいらっしゃいます。奥の深い整理収納の世界で、片づけを通じて親と子の人間力を磨くことを理念とされている「親・子の片づけ教育研究所」のインストラクターの皆様にお話を伺いました。第3回はつのださちこさんによる、小学校1・2年生向けの整理収納「整理収納で小学校生活の基礎をつくる」についてのお話をご紹介します。

我が子が小学生になってできるようになって欲しいことは何ですか?
まずは、学校へ行く準備を一人でしてほしい、という希望が一番多いのではないでしょうか。
でも、小学校は幼稚園や保育園に比べてずっと準備が難しくなるので、自分のことは自分で取り組めるように、小学校生活のスタイルが定着する仕組みを作ってあげることが必要になってきます。
この時期は「整理収納で小学校生活の基礎をつくる」が目標なので、まず親が学校や習い事の準備・片付けの仕組みを作り、子どもにどのように行うかお手本を示しながら、定着するまで気長に一緒に取り組みます。

小学校という新しい環境に馴染むことに加えて、重い荷物をもっての通学に心身が疲れることもあるでしょう。

そんな時だからこそ、おうちに自分で取り組みやすい仕組みがあるとラクちんですね。

********************************************************************************************

具体的なポイントは、
1.学校の物とおもちゃを分け、定位置を決める
2.勉強の習慣をつけるため、勉強に使うものはセットにして収納する
3.学校の準備がしやすく、連絡帳やプリントを出しやすい仕組みを作る
ことです。

1.学校の物とおもちゃを分け、定位置を決める

まずは、学校の物とおもちゃが混ざらないようにしましょう。子どもは簡単に集中が逸れるので、学校の準備をしている時に気が散ってしまいます。

ランドセルは重いので、簡単に置くだけがいいでしょう。その場合も場所にアイコンとなるような目印としてランドセルの絵や文字のラベルをつけるとわかりやすくなります。

習い事などのかばんは、フックにかけるならプール用のフックはこれ、とわかるようにラベルを貼ると戻しやすいです。

12



※小一の長女がキラキラ好きなので、本人の希望でプレミアムゴールドラベルを使いました

学校で使うものとは別に習い事専用の筆箱、会員カードや出席表などをかばんとひとまとめにセットしておくと、出かける時にわざわざ準備しなくてもいいですし、忘れ物も防げます。


2.勉強の習慣をつけるため、勉強に使うものはセットにして収納する

家庭学習はファイルボックスにひとまとめにして、教材の名前などのラベルをつけておきます。

12_3



収納グッズとしては取っ手付きのファイルボックスもおすすめです。

122



そのまま棚や引き出しに入れて片づけることもできるので便利です。家庭学習に取り組む場所がリビングテーブルでも自分の机でもセットにしておけば、持ち運びもしやすいですね。
取り組む時間をおうちで決め、模擬時計を貼っておくのもいいでしょう。


3.学校の準備がしやすく、連絡帳やプリントを出しやすい仕組みを作る

明日の準備はまず、時間割を揃える作業です。各教科のノートの背表紙にラベルを貼り、教科ごとに教科書とノートがセットになるように収納しておけば、間違えることなくスムーズに準備ができます。

12_4



古いノートと新しいノートの移行期間で2冊持って行く必要があるときなどに起こりやすい忘れ物も防げます。
そして、我が家の場合、毎日持って行くものの代表として給食セットがあります。袋そのものに、入れるものを布用ラベルで明記すると入れ物と中身がわかりやすくなります。

12_5



毎日大量に持ち帰るプリント類は、“ぷりんと”“ままへ”などとラベルをつけた、箱やトレーを用意して場所を決めておくと良いでしょう。

ちなみにラベルのイラストを子どもと選ぶと楽しいですし、子どもの感覚を理解するのに役立ちます。この年齢はひらがなに興味をもつので文字だけ、もしくは文字とアイコンがおすすめです。

********************************************************************************************
さて、この時期の準備・片づけのポイントは、ずばり、自立を期待しすぎないこと。

もう小学生なんだからできるはず、と慣れてくると任せきりになりがちです。
そうすると、とたんに忘れ物が増えるなんてことに。
まだまだ、この前まで幼稚園や保育園へ行っていたのですから、一緒に取り組み教え、定着するまで寄り添いましょう。

置く場所も自分で決めたがる時は一度任せてみると良いでしょう。
もし不便なら、そのことに気付かせることも大事ですよね。

ラベルも自分で考えたいと言うかもしれません。
「どうして、この名前にしたの?」と質問することで自分の考えをまとめ、自分の言葉で言えるようになる練習にもなりますよ。

最後に、片づけや準備ができたときには当たり前と思わず、ほめる。
「ねえ、見てみて―、おかたづけできたよ。」と言ってきたときはできた満足を誰かに伝えたい時です。
このほめ時チャンスを是非1回目も2回目も見逃さず、キャッチして「一人でできたね」「すごいね!」と一緒にその満足を分かち合ってみてください。
どんどん、チャレンジ精神が加速していくはずです。


【この記事を書いた人】

親・子の片づけマスターインストラクター
インテリアコーディネーター
つのださちこ

Photo




仕事と子育ててで一日が終わる時間のないママが、私流に行動を切り換えられるようになるパーソナルブランディング片づけを考案。片づけた先にある゛自分らしさ゛を大切にする講座やサポートを実践中。
https://ameblo.jp/syachikrin
https://www.facebook.com/sachiko.tsunoda.3
https://www.instagram.com/tsunodasachiko

次回は小3~4年生向けの整理収納について、ご紹介します。お楽しみに!