☆小川奈々さん

2017年7月 6日 (木)

【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第4回 P-TOUCH CUBEの気に入っているところ

整理収納で暮らしの質を高めたい方に向けて、整理収納アドバイザーの小川 奈々さんにお話しを伺い、全4回にわたって紹介しています。

今回は小川さんにP-TOUCH CUBEの気に入っているところについて伺いました。

小川さん:
飾り棚にも馴染む奥行き感と、キーが一切表に出ないインテリア性の高さに感激しました。これならオープン収納の一部として思わず飾りたくなりますし、取り出しやすい方法で身近に置いておくことができると確信しました。「ラベルを作る=本体を取りに行く」 ラベルを作ろうと思ったときに最初に面倒に感じるこの行動が不要になることに衝撃が走りました。

Ogawa_04_01

また、筆記用具以上に身近にある「スマホ」で作成して出力できるなんて画期的! 操作の慣れたスマホで、好きなフォントで、好きな色で、しかも豊富なテンプレートで、プロのようなラベルを作れるなんて、本当に感動しました。私にとってラベルを作るということは、頻度が高く日常的なことなので、魅力を感じましたね。

Ogawa_04_02

整理収納アドバイザーの必需品として、今までもラベルライターを使ってきましたが、行動を合理化する整理収納という行為に使う道具として、数々の非合理的な行為を解消してくれたことが最大の魅力だと思います。

―小川さん、本当にありがとうございました。
全4回にわたって紹介してきました、小川さんへのインタビューは今回で終了となります。

2017年6月21日 (水)

【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第3回 ラベルライターで始める整理収納のコツ

整理収納で暮らしの質を高めたい方に向けて、整理収納アドバイザーの小川 奈々さんにお話しを伺い、全4回にわたって紹介しています。

今回は小川さんにラベルライターで始める整理収納のコツについて伺いました。


小川さん:
整理収納という言葉は「整理=要る・要らないを区別する」という概念と、「収納=使いやすくしまう」という二つの概念に分解できます。この二つを順番通りに行い、総仕上げとしてラベルを貼るのが理想的です。しかし、順番にこだわらずに、できることから始めてみるという方法もあると考えています。

Ogawa_03_01

まずは入れ物や箱を用意してラベルを付けてみる、そこから始めることも可能です。飾り付けることが好きな方や、片付けが苦手という方にこそ、おすすめしたい方法です。ラベルを貼るだけで戻す場所が明確になり、使ったら戻したくなります。これにより収納の質がアップします。

Ogawa_03_02


そして、箱や入れ物を作る際のコツとしては「未分類」を作ること。分別に迷ったものはここに入れておいて、後で改めて考えるようにします。そうすれば、その他の箱が無秩序になることを防ぐことができます。

ラベルライターは便利な道具です。仲良くすることで、片付け上手に変身! 使わないともったいないですね。

Ogawa_03_03


―小川さん、ありがとうございました。
次回は小川さんにP-TOUCH CUBEについての感想をお伺いします。

2017年6月 7日 (水)

【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第2回 活用術に込めた想い


整理収納で暮らしの質を高めたい方に向けて、整理収納アドバイザーの小川 奈々さんにお話しを伺い、全4回にわたって紹介しています。

今回は、小川さんにご監修いただいた活用術について伺いました。

20170607_1jpg


小川さん:
書類整理の活用術に関しては、「暮らしの中に美しさを。戻すときの気持ちよさを。日々の生活に秩序を作る。出したらしまうが楽しくなる。」そんなコンセプトで監修しました。ラベルで見出しを付けておくだけで、迷子にならず、あるべきところにスッと気持ちよく戻すことができ、暮らしの質がワンランクupします。一度溜めてしまうと過去を振り返って整理することに時間をかけなければなりません。過去ではなく、「今と未来」の時間を大切に使えるように願っています。

20170607_2jpg_2


20170607_3jpg_2


20170607_4jpg



整理収納に関しては、「言葉よりも文字で伝える。余計な質問やストレス・争いから開放されてほしい。」そんな想いで携わらせていただきました。ゴミの分別は家族・来客でもわかるようにする必要があると考え、絵文字を使いました。絵文字を使ったラベルは、子育て中のママさんには特におススメです。幼い頃から、モノの指定席を意識した子育てを心掛けることで、片付け上手なお子さんになると思うからです。

20170607_5jpg



―小川さん、ありがとうございました。
次回は小川さんにラベルライターで始める整理収納のコツについてお伺いします。


続きを読む »

2017年5月24日 (水)

【連載:整理収納アドバイザー 小川さん】 第1回 整理収納を習慣化するコツ

過ごしやすい初夏の気候になってきました。おうちの窓を開け放って、整理収納に没頭するのにもよい季節ですね。整理収納アドバイザーの小川 奈々さんに整理収納についてお話を伺いました。
小川さんは、「感動の整理収納 in Nagoya」を主宰されており、「個人宅の整理収納サービス」「自宅公開セミナー」「企業タイアップの収納セミナー」「新築マンションの収納コーディネート」「資格認定講師」など、多岐に渡り活躍されています。昨年10月には書籍「禅に学ぶ台所しごと」を上梓されました。

Ogawa_01_01


全4回にわたり、整理収納のコツや小川さんにご監修いただいたラベル活用術などについてご紹介します。

今回は、小川さんにとっての整理収納を習慣化するコツについて伺いました。

小川さん:
忙しい時、心がざわざわする時。そんな時ほど身の回りのモノを整え、居心地のいい空間を作るようにしています。整った空間にいることで不思議と心が穏やかになり、仕事や家事がはかどります。空間が整うと、埃を払って床も綺麗にしたくなり、掃除へと自然に気持ちが繋がります。掃除は自分の心を磨くこと。こうしてどんどんプラスの循環になる最初の行動が「整理収納」だと考えています。

我が家は夫婦共々仕事が忙しいので、休みの日は外出するよりも家の中でくつろいだり、趣味を楽しんだりすることを大切にしています。お気に入りの家具を置くことに始まり、2009年からお庭で野菜を作り始め、2011年からは器にもこだわるようになりました。

Ogawa_01_02

家の中を、平日は仕事場、休日はくつろぎの空間とするために、時間の使い方にルールを設けています。金曜日の深夜まで仕事道具が広がっている状態であっても、土曜日の朝は整理収納から掃除までを行い、家を整えます。これですっきりと休日モードにリセットされます。土・日は家でくつろぐと同時に夫婦ともに趣味に没頭します。そしてまた月曜日の朝に整理収納から掃除までを行い、平日モードにリセットします。

Ogawa_01_03

整理収納の行動習慣は1ヶ月ほどで定着すると言われています。時間の使い方にルールを設けることで、整理収納習慣の質を高めてみるのはいかがでしょうか。

―小川さん、ありがとうございました。
次回は小川さんにご監修いただいた活用例についてお伺いします。